当院の特徴

熟練した技術で楽に受けられる検査を行い、長い経験を活かして丁寧に診断しています

キャリアの長い医師が担当

菊地剛院長は国立がん研究センター中央病院で内視鏡検査の経験を積んできています。これまで日本消化器内視鏡学会専門医として2万例以上の実績があり、キャリアを活かした丁寧な検査で痛みなどの不快感なく内視鏡検査を受けていただけるよう努めています。

ウトウトしながら受ける検査で苦痛をゼロに

ウトウトと寝ているような状態になる静脈麻酔を用いた内視鏡検査も行っています。内視鏡検査に対する不安が大きい方におすすめしており、「寝ている間にいつの間にか検査が終わっていました」という感想をいただいています。静脈麻酔で使用する鎮静剤に関しては、年齢や体格、状態などに合わせた最適な量を使用しており、安全面にもきめ細かく配慮しています。

胃内視鏡検査は、口からと鼻からのどちらも可能

内視鏡胃内視鏡検査は口から行う経口検査と、鼻から行う経鼻検査があり、当院では患者様のお考えに合わせてお選びいただいています。口からの経口検査では鎮静剤を使用することが多く、その場合は検査後30分から1時間ほど休んでいただく必要があります。鼻からの経鼻検査は不快感がほとんどないため、鎮静剤なしで検査を受けるケースが圧倒的に多くなっています。その場合には、検査後すぐにご帰宅することが可能です。

正確でスピーディな検査のために、最新鋭の内視鏡検査機器を導入

機器内視鏡システムはオリンパス社製の最新鋭の機種を導入しており、デジタルハイビジョンの内視鏡とモニターを使用することで高精細な検査を可能にしています。大型モニターで観察が行えるため、すみずみまでしっかり確認でき、精緻な検査をスピーディに行えます。

検査時に大腸ポリープ切除で大腸がん予防

大腸内視鏡検査で前がん病変である大腸ポリープが見つかった場合、その場で内視鏡的な切除が可能です。これは検査と同時に行う日帰り大腸ポリープ手術です。大腸ポリープは放置していると大腸がんになる可能性がありますので、ポリープの段階で切除することは大腸がん予防につながります。検査時に切除できるため、切除のためのスケジュールを改めて別日に作る必要がないことも大きなメリットです。
ただし、血を固まりにくくする抗血栓薬を内服しているなどのケースでは切除できない場合もあります。

術後におなかの張りが残りません

内視鏡検査では消化器の粘膜をすみずみまで観察する必要があります。シワになっている部分などをはっきり見るために、気体を入れて膨らませます。これにより、検査後、おなかの張りが残ることがありました。当院ではすばやく吸収される炭酸ガスを用いて膨らませるため、おなかの張りが残ることはほとんどありません。なお、炭酸ガスは吸収されると呼気で自然に体外へ排出されますのでとても安全です。

同日の胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査が可能

当院では同日の胃と大腸内視鏡検査を受けられるようにしています。胃がんと大腸がんはどちらも日本人のがんによる死因として上位にありますし、40歳からの定期的な内視鏡検査で早期発見できれば完治可能な病気です。そのため、当院ではお忙しい方でもこの2つの検査を受けていただけるよう、同日検査を行っています。内視鏡検査では前日の食事や服薬などに制限がありますので、1度にできればそれだけ負担も少なくなります。

 

 

 

徹底した衛生管理

機器院内の清潔を保つことは医療機関として当たり前のことです。また、処置具などに関しては、超音波洗浄と高圧蒸気滅菌を行って、洗浄・消毒から滅菌まで確実に行っています。内視鏡については学会が定めるガイドラインに準拠し、徹底した衛生管理を行っていますのでご安心ください。