大腸ポリープ切除(日帰り手術)

日帰り大腸ポリープ切除とは

大腸カメラ内視鏡検査の際にポリープを発見したら、その場で切除が可能です。検査・発見・切除を行う日帰り手術です。
大腸がんは放置したポリープから発生するため、そうした前がん病変である大腸ポリープを切除することは将来の大腸がん予防になります。当院では、内視鏡検査を10~20分程度で行っており、検査と同時にポリープの切除を行った場合は30分程度で終了しています。終了後は少しお休みいただいてからのご帰宅となり、ご自宅で安静にしていただきます。なお、ご帰宅の際に24時間対応可能な緊急連絡先をお渡ししています。これまで大きな問題が起こったことはありませんが、どんな際にもすぐに対応できるようにしていますので、ご安心ください。
検査時に行えるポリープ切除ですが、日帰りとはいえ手術ですから、術後の出血などを起こさないために入浴や食事内容、アルコール摂取、運動などに関する制限があります。制限の多くは数日間ですが、ポリープの大きさなどにより1週間程度制限を続けていただく場合もあります。

大腸ポリープとは

ポリープは隆起性病変のことで、大腸ポリープは大腸粘膜にできるポリープです。大腸ポリープには腫瘍性と非腫瘍性があり、腫瘍性は腺腫と呼ばれ、成長すると腺がんに発展し大腸がんになります。もう一方の非腫瘍性ポリープの場合も成長して一定の大きさ以上になると腫瘍化する可能性があるため、腫瘍性と非腫瘍性のどちらの場合もポリープの段階で切除することが望ましいとされています。
大腸内視鏡検査時に発見した際、その場で内視鏡による切除が可能ですから、改めて切除だけを受ける必要はありません。ただし、ポリープの数が多い場合や、大きすぎる場合には検査時の切除ができない可能性もあります。
なお、ポリープを見つけた場合の切除は手術ですので、医師が検査前にくわしく説明し、同意いただいてから行っています。

内視鏡的ポリープ切除術の種類

ポリペクトミー(スネアポリペクトミー)


一般的に行われてきた術式ですが、電流を流して切除するため穿孔リスクがあり、当院ではこの術式が適した一部の例にしか使っていません。
内視鏡からスネアというワイヤーを出して、それをポリープにかけます。その後、ポリープをスネアで締め付けてから電流を流して切除します。

コールドポリペクトミー(コールドスネアポリペクトミー)

高周波電流による通電を行わない安全な術式で、5~10ミリの小さなポリープの切除では主流になってきています。スネアをかけて切除した当初の出血はありますが、自然に止血されるため、それを確認して終了します。穿孔の可能性がなく、術後に起こる遅発性の出血も回避可能です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

隆起のほとんどないポリープや早期大腸がんでも、安全に、また確実に切除できる術式です。ポリープと大腸がんは腸の一番内側にある粘膜層から発生します。粘膜層の下には粘膜下層があり、さらに下には筋肉があります。平らで隆起が少ないポリープや大腸がんの場合、通常の術式では筋肉より深い層にダメージを与えて腸に穴が開いてしまう穿孔が起こりやすいため、それを防ぐ安全なこの術式が用いられます。
EMRでは、粘膜層の下にある粘膜下層に専用の液体を注入し、ポリープや大腸がんを粘膜層ごと持ち上げ、安全に切除します。

留置スネア

ポリープや大腸がんには根元に茎ができる場合があります。この茎には太い血管があるため、そのまま切除してしまうと大量に出血する可能性があります。茎の部分をスネアで締め付けてその先の血流を遮断した上で、出血させることなく切除を行うのが留置スネアです。

大腸ポリープ切除後の注意点

大腸ポリープ切除の術後1週間ほどは、出血の可能性があります。それを防ぐために、当日ご帰宅後の安静に加え、いくつか守っていただく制限があります。ほとんどは数日間の制限ですが、ポリープの大きさや数、術式などによっては1週間程度の制限が必要になる場合もあります。

食事

当日の食事では、唐辛子などの刺激物や油分の多いものを避けてください。ただし、おかゆなどにする必要はなく、普通の食事でかまいません。

飲酒

アルコールは血流を促進してしまうため、出血リスクを上昇させてしまいます。医師から指示された期間の飲酒は控えてください。日数に関しては個人差がありますが、ほとんどの場合、数日から1週間程度です。

入浴

当日はできるだけシャワーを浴びるだけにして、長湯を避けてください。翌日からの入浴には制限がありません。

運動

散歩程度でしたら翌日から可能です。ゴルフやテニス、ランニングなど腹圧がかかる運動や激しい運動は、医師から指示された期間、控えます。期間はポリープの大きさや数、術式、回復の状態などにより異なります。

旅行や出張

検査日を決める際には切除の可能性を考慮して、旅行や出張に影響しないスケジュールで調整していただいています。特に飛行機は気圧の変化が大きく、出血リスクが高まります。また、迅速で適切な対応が難しい海外や遠方などへの旅行や出張も控える必要があります。期間はポリープの大きさや数、術式、回復の状態などにより異なりますので、医師から指示された期間、控えてください。

出血があった場合

少量の血液が便に混じる程度でしたら特に問題はありません。出血量が多い、あるいは出血と同時に痛みが起こっている場合には、事前にお渡しした緊急連絡先にお電話ください。夜中や朝方でも遠慮なく、すぐにご連絡いただけるようお願いしています。